<< トルコンオイルの交換は要注意! | main | エアーフィルターの交換時期 >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブレーキフルード交換

JUGEMテーマ:車/バイク



「車を長く乗り継ぐための裏ワザ」としてのテーマ第11回目は
「ブレーキフルード」です。

ブレーキフルードとは、ブレーキオイルのことです。


通常、ディーラーで車検を受けた場合は車検ごとに必ず交換しますが、
ユーザー車検などでは無交換のまま乗り続けるケースがあります。

 

私は学生時代にサーキット走行をしていた経験があり、自分でブレーキ
フルードは交換していたので知っているので、それを元にお話します。


ブレーキフルードには規格があります。

DOT3:ドライ沸点205℃以上、ウエット沸点140℃以上
DOT4:ドライ沸点230℃以上、ウエット沸点155℃以上
DOT5:ドライ沸点260℃以上、ウエット沸点180℃以上

国産車の純正はDOT3ですが、欧州車などはDOT4です。


DOTの規格は、ブレーキの使い方によって使い分けます。

サーキットなどを走行する場合は異常なほどのブレーキ加熱なので
高いDOTを使用します。


ブレーキフルードの大敵は水分と空気です。
これが入ると事故を引き起こすことになります。


【裏ワザ】

今週の裏ワザは、このメルマガの下に掲載しております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    みなさまからのご意見・ご感想・質問をお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      目からウロコ!自動車に関する裏ワザ情報では
      皆様からのご意見・ご感想・質問など承っております。

      お気軽にお問合せください。
          http://naykid.jp/mag2/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【裏ワザ】

ブレーキフルードの大敵は水分と空気。

ブレーキフルードは、交換時に大気中の湿度まで取り込んでしまい、
水分を含んでしまうと、DOTの規格である沸点が下がってしまいます。

そして、長い下り坂などブレーキを多用した場合は、ブレーキが加熱した
ことにより、その熱がブレーキフルードに伝達することで沸点を
越えると、ブレーキフルード内に気泡が発生します。


この気泡が発生すると、ブレーキを掛けると急にスポンジを踏んだような
柔らかい感覚となり、ブレーキが急に効かなくなってしまいます。

ブレーキフルードは2年に1度は交換しましょう!


 ----------------------------------------------------------------
Copyright Naykid Limited Company All Rights Reserved 無断転用禁止

 


スポンサーサイト

  • 2013.04.02 Tuesday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
車に関する裏ワザ情報
メルマガ登録・解除
目からウロコ!自動車に関する裏ワザ情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
車庫いれ.com
車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック|車庫いれ.com
縦列駐車.com
縦列駐車 コツ 方法 テクニック | 縦列駐車.com
車運転.com
AT 運転方法の仕方とバック・駐車方法 オートマ運転方法 | 車運転.com
生保裏.com
生命保険の裏事情 | 生保裏.com
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM